滋賀で創業するなら創業支援課

滋賀県産業支援プラザ 創業支援課 TEL 077-511-1412 FAX 077-511-1418

ビジネスカフェとは

◆こんな人が参加しています ◆起業家の成長段階に応じた支援の入口です

ビジネスカフェの開催場所

滋賀県内の数か所でビジネスカフェを開催しています。

ビジネスカフェのコンセプト

4つのF(Free,Frank,Flat with Fun)、ビジネスの芽を生み出す場、異分野の人と学ぶ

ビジネスカフェの活動内容

開催場所ごとのビジネスカフェの開催内容や実績

ビジネスカフェは起業支援の入口

ビジネスカフェは起業家の成長段階に応じた支援の入口、特徴は「創業支援システム」

2018/05/25

ビジネスカフェ(個別相談会) 「あなたの起業を成功へと導く ビジネスモデルキャンバスを使ってあなたの商売をカタチにしませんか」を開催しました。



 今年度よりビジネスカフェのひとつとして個別相談会を継続して開催します。個別相談では、ビジネスカフェと同じくコーヒーを飲みながらゆったりとくつろいだ状態で、考えているビジネス構想を語り合いながら整理するという内容です。個別相談会の対象者としては、これから起業を考えておられる方であればどなたでもOKです。いま考えているビジネス構想が、まだ夢の段階であったり、アイデアだけで立ち止まっていても大丈夫で、むしろそのような考えに煮詰まっている方にこそお申込みいただくために企画しました。


 
「ビジネスモデルキャンバス」という起業や新事業を立ち上げる際によく利用されるツールを使い、最終的に相談者がいま考えておられることを整理し、1枚の紙に落とし込むことで可視化することが目的です。その後はキーワードを変更したりすることで、継続して事業構想を組み立てることができるようになります。
 さて、511()に第1回目のビジネスカフェ(個別相談会)を開催しましたが、結果を先にお伝えすると、相談者に非常に喜んでいただくことができました。元々ある程度の構想をお持ちの方で、さまざまな出来事や見込顧客との会話の様子を教えていただいたのですが、よくよく伺うといま考えておられる顧客が事業パートナー側にもなる。
 そして何よりも悩んでおられたことは「どのように事業立ち上げのための資金を集めるか。」ということでした。90分あまりという限られた時間で、どこまでご要望にお応えできるか不安を抱きつつ開始した第1回目のビジネスカフェ(個別相談会)でしたが、最後はプラザ職員全員が「始めて良かったな。」という感想でした。
 これまでも窓口相談で広くご相談いただける環境を整えてきましたが、起業を考えておられる方からは、「相談することが固まっていない状態で相談に行っても良いのか?」というお声を多数頂戴します。具体的なご質問ももちろん承りますが、「まとまっていないが、いま考えていることを聞いてほしい」というようなご要望にもお応えするため、今回のビジネスカフェ(個別相談会)を毎月継続して開催したいと考えています。

 





 




近畿経済産業局主催創業関連施策説明会で「滋賀の創業機運醸成システム」について発表しました。

 平成30425日(水)に関西大学梅田キャンパス KANDAI Me RISEホールにて、近畿25県の産業支援機関の役職員約200人を集めて、経済産業省近畿経済産業局主催の創業関連施策説明会が開催されました。
 現在、平成26年に施行された産業競争力強化法に基づき、全国の市区町村1,741のうち1,378(人口カバー率97%)が創業支援事業計画を作成し、認定を受けています。滋賀県でも19市町のすべてが認定を受け、各商工会、商工会議所と連携して、創業準備者に対して創業セミナー等を実施しています。
 しかし、平成30年度からは新たに、創業準備者のみならず、更に踏み込んで、創業ということを考えていなかった方々に向けた啓発施策も盛込むべきとの国の方針が示されました。それに伴い、創業支援等事業計画と名称を変更し、創業の普及啓発策を新たに盛り込んだ、追加変更計画の提出が求められる旨発表がありました。

 具体的には、学生向けの起業家教育や、若年層向けビジネスコンテストの実施等、今まで創業を意識されたことのない層にまで、創業をアピールする施策の立案、実施が求められています。
そのような中、今年2月に中小企業庁長官よりプラザの「ビジネスカフェあきんどひろばの運営」が創業機運醸成賞を受賞しました。受賞の理由は、ビズカフェの「Free, Frank, Flat with Fun」の精神に基づいた、将来的に起業家の卵となりうる、創業に無関心の方々を含めた幅広い層への啓発活動であることが評価されたものです。 
 当日は、この創業機運醸成の先駆けとなる取組である、ビズカフェのノウハウや、滋賀の創業支援システムを「滋賀の創業機運醸成システム」と題してプレゼンテーションさせて頂くとともに、参加の支援機関の皆さまと活発な意見交換をさせて頂く貴重な時間となりました。






「Startup Dojo 関西」@ 滋賀が開催されました。

 関西全府県を巡るStartup Dojo関西の一環として  47日(土)に滋賀県立大学サテライト・プラザ彦根にて「Startup Dojo 関西」@ 滋賀が開催されました。
 今回のStartup Dojoは、ただワークショップやピッチをして終わりではなく、今後も続いていくような『 共に事業創造に挑戦する仲間作り・コミュニティ形成 』に重きをおき、参加者同士のネットワークだけでなく、参加者と関西の大手企業、行政、金融機関、ベンチャーキャピタル等とのネットワークが広がることによって、より事業創造が加速するきっかけになって欲しいという思いのもと、開催されました。


 そのため、「Startup Dojo 関西」@ 滋賀でも、ベンチャー企業の経営者、志のある学生、支援機関、金融機関と多彩な参加者の中、開催されました。
株式会社ゼロワンブースター代表鈴木氏、合田取締役の講演の後、3分間の短いピッチ(ショートプレゼン)を実施致しました。すでに事業として進めているピッチから、こんなことを解決したいというピッチまで様々で、最終2名が和歌山で開催される決勝大会に出場されることになりました。
参加者同士の交流も活発に行われ、盛況のうちに終わりました。